まさふくのお金持ちへの道

アラサーサラリーマンの金持ちへの奮闘記。株式投資、筋トレ、読書など色々書いていきます

【銘柄研究】三菱ケミカルホールディング

こんにちは。まさふくです。

 

今日は先日わたくしが購入した三菱ケミカルホールディングスの紹介です。

 

結果的に3Qの業績が減益となったことにより含み損となりました(買うタイミングを完全に間違えた)が、高配当株としてしばらくはホールドしようと思ってます。

 

 

会社詳細

会社名 三菱ケミカルホールディングス(4188)

18.3売上 3,724,406百万円

18.3最終利益 211,788百万円

 

売上規模、利益共に日本の化学業界トップのマンモス企業です。

参加の企業数も多く、それに伴い取り扱い製品ラインナップも多岐に渡ってますね。

 

 

株価情報

19年2月8日時点株価情報

株価 797.3円

PER 5.31倍

PBR 0.83倍

 

これだけ見るとしっかり割安ですね。

化学業界の平均PERも21倍であることから見ても、比較的割安なのではないかなと思います。

 

 

購入理由

購入した理由は大きく2つです。

 

①高配当

 

配当利率は5%あります!日産やJTと並び高配当銘柄としてもよく特集されてますね!

 

私もややディフェンシブに切り替えようと思い高配当銘柄を組み込み始めており、この銘柄を購入しました。

 

②業績○

 

✱2月5日時点では...

 

業績の伸びもよく半期の進捗も順調でした。

17年度から18年度にかけての伸びの実績、19年度の計画の伸びも良かったのですが...。

 

リスク

 

事業が多岐に渡るため一概には言えませんが、業界的に考えられる1番のリスクは原材料や製品の市況といえるでしょう。

 

実際に15年度以降の業績好調の背景には

 

・原油安(材料安)

・ナフサなどの製品高

 

がありました。

 

これらの値段が調整されることが1番のリスクと言えるのではないかと思います。

 

 

浅い銘柄研究ですがこんな理由で買ってみました。

もっともっと深く調べないとと思いながら高配当に飛びついてしまいました...。

 

その点はちと反省として、今回はこれまでとします笑

 

 

ほなっ!